【僕が死ぬだけの百物語】最新81話のネタバレと感想!カンタンには終わらない百物語

僕が死ぬだけの百物語81話のネタバレと感想のアイキャッチ画像

今回は【僕が死ぬだけの百物語】の最新81話のネタバレと感想をご紹介します。

前回、百物語を止めようとしたヒナちゃんはどうなってしまったのか?百物語はこれで終了してしまうのか?その続きのお話なります。

それでは【僕が死ぬだけの百物語】最新81話のネタバレと感想!カンタンには終わらない百物語をご紹介していきます。

僕が死ぬだけの百物語】を

お得にGETするなら

eBookJapanがおすすめ!

▼6回分の70%オフクーポンゲット▼

無料漫画や割引キャンペーンも豊富

僕が死ぬだけの百物語6巻の表紙画像
※キャンペーンは予告なく終了することがあります。

eBookJapanは画像をクリック↑

目次

【僕が死ぬだけの百物語】81話のネタバレ

まず最初に【僕が死ぬだけの百物語】81話のネタバレとご紹介します。

前回までのお話はこちら

【僕が死ぬだけの百物語】最新80話のネタバレと感想!ついにヒナちゃんが百物語を止める?

前回のあらすじ

前回、ユウマくんが百物語を語っているナニかをヒナちゃんが燃やしてしまいました。

その最後、何か意味深なことを呟いていたヒナちゃんですが、その後どうなってしまったのでしょうか?

ユウマくんは百物語を語りかけているナニかのいちを調整しています。

机には前回にヒナちゃんが燃やしたナニかの燃えカスが散らかっていて、どうやら代わりがもう1つあったことで、事なきを得たようです。

そしてユウマくんは81個目のお話を語り出しました。

第81夜 帰れない妻

どこかの家で、男性は妻からの電話を受けました。

妻のマナミはもう家に着くという報告で、夫へ電話をしてきたようです。

マナミからの報告を聞いた夫は妻から光ちゃんと呼ばれているようで、気をつけて帰ってくるように伝えようとしました。

しかしいい終えるかどうかの途中で、大きな鈍い音とトマトが潰れるようなグチャっという音が響き、電話が切れます。

妻は帰らぬ人に

どうやら先ほどの電話が妻との最後の通話になったようで、十字路に出た先でスピード違反の車に追突されてしまったそうです。

車は止まることはなく、何メートルも妻を引きずり、遺体の凄惨さは想像に難くありません。

遺影の妻に語りかける夫は、妻の苦しさや悔しさを想像すると胸が痛むようで、ふと見上げた時計には、ちょうど最後に妻から電話が来た時間が近づいていました。

亡き人からの電話

ふと携帯を見るとどうやら誰かから着信があり、携帯電話のディスプレイには妻からの電話だと表示されています。

夫は状況が理解できず混乱し、妻の携帯電話は電源を切って引き出しの中に入れているはずです。

しかし実際に携帯電話は着信があることを告げたままで、夫は恐る恐る妻と思しき電話に応答します。

電話口では生前の妻と変わらぬ声で、夫の名前を呼び、もう直ぐ家に着くことを告げる妻の声が聞こえました。

さらに混乱する夫ですが、次の瞬間に忘れようとしても忘れられない、鈍い音とトマトが潰れたようなグチャっという音が聞こえます。

思わず手を離してしまった夫ですが、電話もちょうど切れてしまったようです。

止まらない電話

その後、毎日妻からの電話は同じ時刻になるとかかってきているようで、夫は妻からの電話を無視することはできませんでした。

それと同時に妻が潰れて死ぬ時の音を、毎回聞くことになり、精神的にも追い詰められているようです。

そして今夜もいつもの電話の時刻が近づいてきて、なぜこうなったのか、この電話はなんなのか考えます。

もしかすると妻は、あの事故の日を繰り返し体験しているのではないだろうかと、よからぬ想像をしていました。

そして今日もいつもの時刻に電話が鳴ります。

あの日伝えたかった言葉

夫は恐る恐る電話に出ると、妻の呼ぶ声が聞こえる花道化のタイミングで、大きく止まれと叫びました。

電話口の妻は旧な大声に驚いたようで、戸惑った返答をしています。

夫はそのまま十字路に出ず、止まっているよう伝え、次の瞬間妻の小さな叫び声が聞こえました。

どうやら猛スピードで車が通り過ぎたようで、今日は事故に遭わずもう家に着くと言い電話を終えます。

家に帰ってくる?

電話を終えた夫は妻は助かったのかとホッとする反面、ナニが家に帰ってくるのか考えていましたが、しかし結論が出る前に家のインターホンが鳴り響きます。

夫はかなり踊りきましたが、冷静に自宅側のドアホンで応対しました。

インターホンを鳴らしたのは妻のようで、鍵を忘れたので開けてくれないかということです。

しかし妻はすでに故人だというのは、夫がよくわかっています。

玄関にいたのは?

玄関には一体ナニがいるのか、夫は恐る恐るドアへ近づき、ドアスコープを除きます。

そこにいたのは体中から血を流し、首が変な方向に曲がっている妻が立っている所で、81個目の怖い話が終わりました。

狼狽するユウマくん

81個目の話を語り終えたユウマくんですが、やっぱり今回の件はヒナちゃんがやったのかと結論づけます。

自分がここまで必死に百物語をしているのに、どうしてこんな酷いことをするのかと嘆いていて、さらに今日はまだヒナちゃんが来ていないいというユウマくんの発言がありました。

次のコマでは初めてユウマくんの部屋の別視点の様子が描かれ、ユウマくんが振り向くとそこにはヒナちゃんが立っていて、81話が終わります。

僕が死ぬだけの百物語】を

お得にGETするなら

eBookJapanがおすすめ!

▼6回分の70%オフクーポンゲット▼

無料漫画や割引キャンペーンも豊富

僕が死ぬだけの百物語6巻の表紙画像
※キャンペーンは予告なく終了することがあります。

eBookJapanは画像をクリック↑

【僕が死ぬだけの百物語】81話の感想!

作品を読んだ感想の画像

次は【僕が死ぬだけの百物語】81話の感想をご紹介します。

あくまで個人の感想になるので、違う意見をお持ちの方はコメント欄までお願いします。

そうカンタンには終わらない

いやーそうカンタンには百物語は終わらなかったですね(笑)

まだ20話怖い話が残っているので、どうするんだろうと考えていましたが、案の定予備があったとは…

それでもユウマくんによると、もう1つ代わりがあって良かったということなので、これ以上邪魔が入ると百物語自体ができなくなってしまうかもしれませんね。

ユウマくんが百物語を語りかけているものについては、以下の記事で考察しているので、よければご覧ください。

【僕が死ぬだけの百物語】のユウマの家族について考察!作中の情報から徹底調査!

今回の話は辛く悲しい話

今回の怖い話は辛くて苦しいお話でしたね。

交通事故で車側が悪いとなると、不運というほかないです。

私も車に乗るのでわかりますが、結構怖い運転をしている方や、猛スピードで一般道を走っている方はたくさんいます。

私自身も歩行者で車に轢かれたことがあり、後遺症があるのですが、残された家族の気持ちを思うと言葉に表せません。

初めての別視点

81話を読んだアナタはすでにお気づきかもしれませんが、今回初めてユウマくんの部屋を別視点で描かれたのに気がつきましたでしょうか?

これはおそらく80話の最後に、ヒナちゃんの中に何かが入ったことと関係していて、ヒナちゃんの視点から描かれていたんだろうと想像できます。

過去にはタンスの中や警察署の取り調べ室からのお話はありましたが、今回の別視点はいったいどのような伏線が隠されているんでしょうね。

ヒナちゃんはどうなってしまったのか?

前回のお話の最後からヒナちゃんに何かが起こったことがわかりますが、今回のお話のヒナちゃんも下を向いていてその表情はわかりませんでした。

私が見た限り白目が見えなかったのですが、アナタにはどう見えたでしょうか。

あと19話でどのような最後を迎えるのでしょうか?

僕が死ぬだけの百物語の最終回は以下にまとめていますので、よければご覧ください。

【僕が死ぬだけの百物語】最終回をネタバレ&考察!人気の怖い話をランキングで紹介!

この記事のまとめ

この記事のまとめの画像

以上、【僕が死ぬだけの百物語】最新81話のネタバレと感想!カンタンには終わらない百物語という記事でした。

今回の記事をまとめると以下になります。

  • 百物語はカンタンには終わらない
  • 今回のお話は悲しい話
  • 車には気をつけよう
  • ヒナちゃんがどんな状態なのか不明

今回交通事故の怖い話でしたが、自分自身も車に轢かれたことがあるので、かなり怖い話に感じました。

私の場合は命に別状はありませんでしたが、後遺症は残ったり加害者が逃げたりと、解決までかなり長い期間かかった記憶があります。

交通事故は未然に防げることもたくさんありますが、巻き込まれる可能性があるので、家にいるのが1番安全ですね。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

次話 【僕が死ぬだけの百物語】最新82話のネタバレと感想!ヒナちゃんの身に微妙な変化が?

僕が死ぬだけの百物語】を

お得にGETするなら

eBookJapanがおすすめ!

▼6回分の70%オフクーポンゲット▼

無料漫画や割引キャンペーンも豊富

僕が死ぬだけの百物語6巻の表紙画像
※キャンペーンは予告なく終了することがあります。

eBookJapanは画像をクリック↑

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次