【その着せ替え人形は恋をする】最新105話のネタバレと感想!悩む新菜の元へのばらが来訪?

今回は【その着せ替え人形は恋をする】最新105話のネタバレと感想をご紹介します。

波乱のコミケを終え、各々の正月を過ごし、予想外の再開を経てついに冬休みが明けてしまいました。

新菜と海夢の2人の仲はどうなるのか?のばらはどのように関わってくるのでしょうか?

それでは【その着せ替え人形は恋をする】最新105話のネタバレと感想!悩む新菜の元へのばらが来訪するのかご紹介していきます。

目次

【その着せ替え人形は恋をする】最新105話のネタバレ!

まず最初に【その着せ替え人形は恋をする】最新105話のネタバレをご紹介していきます。

前104話のネタバレと感想記事もあるのでぜひご覧ください。

前話 【その着せ替え人形は恋をする】最新104話のネタバレと感想!すれ違い続ける海夢はついに涙する?

冬休みが明けて…

冬休みも明けたある日の朝、新菜は海夢に初めてコスプレ衣装の制作を頼まれた日を、夢に見て目覚めました。

学校ではクラスメイトの村上が海夢に、新菜の行方を聞いています。

海夢はなぜ新菜の行き先を私に聞くのか問いますが、村上からすると2人は仲が良く見える(いつも一緒にいる)こその質問だったようです。

その頃の新菜は人が来ない屋上前の階段で、考え事をしているのか座ってなにか考えているように見えます。

カラオケでも盛り上がれない

放課後、海夢たち女性陣はどうやらカラオケに行ったようで、いつものように菅谷乃羽がマイクを握り熱唱しています。

海夢は心ここに在らずといった風情で、視線は遠くを見ていて海夢も何か考え込んでいるようでした。

一方の新菜は家に帰る途中で、意外な人物に声をかけられます。

宇佐美との遭遇

新菜に声をかけてきたのは、衣装作りの生地やコスプレ衣装の相談でお世話になった宇佐美で、たまたま休みに新菜を見かけたので声をかけたようです。

宇佐美は新菜の浮かない表情に気がついたのか、何かあったのか話を聞こうとします。

新菜と宇佐美は公園のベンチに場所を移し、新菜は宇佐美へ何かを打ち明けたようです。

宇佐美は肯定も否定もせず、みんな色々あると大人の意見を述べました。

宇佐美の過去

宇佐美は人の記憶は忘れていくようにできていると言いますが、反面嫌な出来事だけはいつまでも忘れられないと言い、自身の過去の話を始めました。

宇佐美は過去、被服の道へ進みたかったようですが、父親の猛反対によりあきらめざる得なかったようです。

当時の宇佐美は父の言うことに言い返せず、自身を臆病と言い、先が見えない恐ろしさに勝てなかったと言います。

今ではダメなときはダメでよく、間違いや失敗は恐れではないと理解し、すべての事柄は先なんて見えないと気がついたと語ります。

その後、違う道へ進んだ宇佐美は奥さんの勧めで好きなことに関わりのある仕事として現在の仕事をしていて、充実した日々を送っているようです。

宇佐美の後悔

宇佐美は過去に被服の道へ進めなかったことを後悔しているわけではなく、自身の父親に猛反対されていても「それでもやりたい」と自分の思いをぶつけなかったことを、後悔していると言いました。

その言葉に新菜は、海夢の言った自分の気持ちは自分のために言わないとダメだという言葉を思い出します。

宇佐美は続けて、過去の後悔が残ってしまったからこそ、いつまでも過去に囚われてしまうんだろうと言いました。

ただしその気持ちや想いを受け入れてもらえるかは別ですが、自分の気持ちをぶつけることも時には大切だと言い、気づくのにたくさんの時間を費やしたと話を締めくくります。

のばらの来訪

新菜は宇佐美と話を終え、再び帰路につきます。

頭の中には海夢の言葉や過去の思いがぐるぐると巡っているようで、いつの間にか自宅の前に到着していました。

家に到着しふと前を見ると女性の後ろ姿が見え、新菜の足音に気がつき振り返ったのはのばらでした。

のばらは不安を抱えたような顔を見せ、105話が終わります。

【その着せ替え人形は恋をする】最新105話の感想!

作品を読んだ感想の画像

次は【その着せ替え人形は恋をする】最新105話の感想を書いていきます。

あくまで私個人の感想になるので、別の意見や見方があるよーという方はコメント欄までお願いします。

2週間ごとの更新が嬉しい!

しばらく月1回更新だった着せ恋ですが、久しぶりに隔週更新に戻ってきました。

今後も福田先生のスケジュールなどによっては変化すると思いますが、1人のファンとして更新頻度が上がるのは非常に嬉しいですね。

宇佐美さんは大人

今回105話で大活躍だった紳士的な大人代表の宇佐美さん。

定期的に新菜にその時もほしいアドバイスをくれるなんて大人ですよね。

そして宇佐美さんのようなしっかりとした大人でさえ、過去には迷い失敗し、後悔が残ったことがあるという含蓄のあるお話でした。

人は誰しも過去の後悔はあるでしょうし、いろんな経験をしていると思いますが、自身の意見を押し付けず必要な言葉をしっかり伝えるというのは、大人でもなかなか難しいと思います。

宇佐美さん、上司になってくれないかな…

はやくハッピーな展開を…

少し見返すと100話から不穏な微妙な空気の新菜と海夢ですが、現実の時間にして6ヶ月くらい経過しました。

圧倒的にラブコメ要素が不足しています!

着せ恋のラブコメシーンでしか摂取できない栄養があるんです…助かる命があるんです!

そろそろ2人が笑顔になる展開を見せてほしいと願うばかりです。

のばらの来訪の意図は?

今回意外だったのは、のばらのお宅訪問があったことですね。

103話と104話で新菜の過去について、幼少期ののばらがなぜ、新菜のトラウマになる言葉を言ったのかわかりました。

それぞれの気持ちがうまく噛み合わず、爆発してしまったようですが、新菜にとっては人付き合いに苦手意識を持つ原因となっています。

次の話以降、新菜とのばらのわだかまりが解消されて、海夢の恋のライバルとなるのでしょうか?

過去に着せ恋の完結を考察していますので、よければこちらもご覧ください。

関連記事 【その着せ替え人形は恋をする】の完結までをネタバレ考察!海夢と新菜の恋の行方に注目!

この記事のまとめ

この記事のまとめの画像

 以上、【その着せ替え人形は恋をする】最新105話のネタバレと感想!悩む新菜の元へのばらが来訪?という記事でした。

今回の内容をまとめると以下になります。

  • 隔週更新へ変更?
  • 新菜と海夢はまだ仲直りしない
  • 新菜へ宇佐美からのありがたいアドバイス
  • のばら、突然の来訪!

最近、電子書籍ばかりの私ですが、外食した際に待ち時間に週間少年誌を読んだんですが、週刊連載や月刊連載の雑誌ってあんなにインク薄かったっけ?と思いました。

文字がもはや薄くて読めないほどだったんで、顔を近づけても絵の詳細がわからなかったりと、よむのに少々苦労しました。

絵のクリアさ、文字の読みやすさ、拡大縮小自由自在の電子書籍の便利さを改めて感じました。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次